toggle
2016-06-10

猫のお皿の選び方

猫にご飯をあげるとき、どんなお皿であげていますか?

専用の物を使っているかもしれないし、人間用のもので

代用しているかもしれませんね。

基本的には、どんなものでも良いのだと思いますが

出来れは、愛猫には健康に長生きしてもらいたいので

お皿選びも重要です!

 


 

◆ お皿の形状 

foodbowl201606-2

ご飯を食べるときの姿勢に注目した

高さのあるフードボウルが人気ですが

無理のない姿勢で食べられるため、吐き戻しの予防にも有効なんだとか。

正直、実際使った感じ、フードの吐き戻しについては

フード選びや、フードの新鮮さ、毛玉も関係してくるので

お皿だけで解決できるとは思いませんが

こちら、お水用のお皿として使用すると

お水をガブガブ飲んでくれます!

DSC00489

水を飲む量が少ないと、結石などの病気の原因になるので

尿路結石予防効果の方が期待できるかな?という感想です。

しかし、猫ちゃんは気まぐれ・・・

猫によって好みもあるので、2匹以上飼われている場合は

高さの違うお皿を何個か用意すると喜んでくれますよ♪


 

◆お皿の素材

素材については、陶器、ステンレス、ガラス、ホーローなどは

いいと思いますが、プラスチックについては

多孔性(目に見えない小さな穴がたくさん空いている)のため

バクテリアが繁殖しやすいため、食事の際、あごの下にバクテリアが付着し

あごニキビの原因になる場合があるので注意が必要です。

 

人間のお皿も食後に毎回洗いますよね?

猫ちゃんのお皿も、毎回軽く洗ってあげると

食事も美味しく、健康にも良いようです。

 

 

new-広告3


関連記事
Comment





Comment



Top